缶詰は魅惑の美食

缶詰は魅惑の美食

子供の頃、大好きな缶詰を開ける瞬間とってもワクワクしたのを覚えています。白桃とか黄桃とか、忘れちゃいけないみかんとかね。

 

 

 

スイートな思い出の缶詰も大人になると、酒の肴になっちゃう(笑)魅惑の缶詰バーがお気に入りです。80種以上の缶詰が店内にズラリ。” 缶詰バー”の響きからすると、なんだか安っぽいイメージなんですが、ここの店はとてもコジャレてるんです。店内に入ると、なんだかインテリアのように並べられた缶詰たちが、「食べて」と手招きしてくるよう(笑) カウンターの奥には、いろんな焼酎が並べられ、お酒の種類の豊富さにも驚かされます。

 

神保町 居酒屋 浅草雷門き介

 

ワインもあったりしますから、ワインを気取って缶詰をつつくみたいなこともできちゃいます。缶詰は種類ごとに分けられていて、価格ごとに300円の紺色から、黄、赤、緑、白、銀、金の900円まで100円刻みの値段で色分けされています。中には見たことのない珍しい缶詰も。

 

貸切や宴会なら串揚げ えん

 

ソーセージやいかの丸ごと缶詰、もつカレー、サバカレー、オイルサーディン、スパムなどなど、注文するとそのまま出てくると思いきや、ネギをふってくれたり、あたためてくれたり、ちょっとひと手間を加えてくれます。

 

 

 

『もっこすラーメン』もあり、ネギとチャーシューを添えてくれて、これがとてもシンプルでおいしいんでが、実はインスタント。でもそんな感じがしないんですよ。選りすぐった缶詰をほんの一手間かけて提供してくれるこのお店は、一度足を運んだら、きっとリピーターになること間違いなし。並べられた缶詰すべて制覇したくなるはずです。 

 

 

 


このページの先頭へ戻る