妖しいムード満点のヴァンパイア居酒屋

妖しいムード満点のヴァンパイア居酒屋

今日はどんな居酒屋に行こうかな?たまにはちょっと刺激がほしい!そういうあなたには、こんな居酒屋はいかがでしょうか?じつは、吸血鬼(ヴァンパイア)の館をコンセプトとした居酒屋があるのです。居酒屋というよりも、レストランに近いかもしれません。それだけお料理が凝っていて、味にも定評があるお店なのです。

 

横浜でおすすめのイタリアン

 

メニューは、十字架やドラキュラをモチーフにしたお料理がたくさんあって、見た目も鮮やかでとても芸術的なんです。「蝕まれた犠牲者」や「太陽に焼き煽れた伯爵」などの奇妙なネーミングも目を引きます。ドラキュラ伯爵の晩餐会と銘打たれた前菜やパスタ、ピザ、デザートなどは、味付けから盛り付けまでヴァンパイア風にアレンジしてあり、種類も豊富で大人気だそうです。ぜひ一度味わってみたいですね。

 

 

 

お料理だけにかぎらず、アルコールやソフトドリンク類もじつに凝っています。オリジナルのカクテルはネーミングもさることながら、色彩もカラフルで見ているだけで酔いしれてしまいそうです。ノンアルコールカクテルもありますので、お酒が苦手な方も楽しめますね。

 

八重洲で個室のある居酒屋に行こう!

 

それでは、店内の雰囲気はといいますと、赤と黒の妖艶な空間となっていて、それはもうドラキュラ伯爵になったような気分に浸れること間違いなしです。二人きりのデートには「犠牲者の部屋」をどうぞ。二人の世界を妖しく灯してくれることでしょう。グループ向けには「聖ギオルギウスの祭壇」という個室があり、メインフロアが見渡せてゴージャスな気分が味わえるそうですよ。その他、ドラキュラ伯爵が眠る棺のオブジェがあったり、コウモリをデザインしたシャンデリアがあったりと、ムード満点の仕掛けがいっぱい。ぜひ一度出かけてみませんか。


このページの先頭へ戻る