飲食店の防火管理者

飲食店の防火管理者

飲食店の開業を考えているなら覚えて置いて損は無いはずです。

 

防火管理者とは、防火対象の建物や施設などにおいて防火に必要な業務を適切に遂行できる人を言います。
防火対象物を管理する責任者は、法令で定める防火に関する講習会の課程を修了した者のうちから、防火対象の建物や施設1つに対して1名の防火管理者を選任しなければなりません。

 

防火管理者の資格は、防火対象物の収容人員や延床面積などによって甲種・乙種の2種類あります。飲食店の場合は、まず、収容人員によって選任の必要性の有無が決まります。

 

 

具体的には、収容人員が30人以上の飲食店では防火管理者を選任する必要がありますが、収容人員が30人未満の飲食店では防火管理者を選任する必要がありません。

 

次に、延床面積によって選任すべき防火管理者の種類が異なります。
延床面積が300平方メートル以上の場合には甲種防火管理者の専任が必要ですし、延床面積が300平方メートル未満の場合には乙種防火管理者を専任する必要があります。

 

防火管理講習は都道府県知事・消防本部および消防署を置く市町村の消防長総務大臣登録講習機関(日本防火・防災協会)が行うこととされており、修了資格は全国で通用するものです(修了証は、異なる場合があります)。

 

防火管理講習には、「甲種防火管理新規講習」「乙種防火管理講習」に加え、収容人員300人以上の防火対象物の甲種防火管理者としてすでに選任されている人が受ける「甲種防火管理再講習」の3種類があります。

 

講習時間や講習料は、甲種新規講習は2日間・約10時間の講習で受講料は6,170円、乙種講習は1日・約5時間の講習で受講料は5,140円です。なお、甲種再講習は2時間程度の講習で、受講料は5,140円です。


このページの先頭へ戻る